今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門

ブックマーク

サブメニュー


ルーティングとリモートアクセスをセットアップして小規模LANをシミュレートしよう!

実は、アイツも使ってる情報サイト
もしあなたが知らないなら、損しているかも!
キーマンズなら、いつでも情報を見つけることができる。
ITの基礎知識をつけるなら『キーマンズネット』

ルーティングとリモートアクセス(RRAS)とは?

 ルーティングとリモートアクセス(RRAS)とは、Windows Server 2003/2000 に
付属する機能の一つであり、簡単に言うとルーターや簡易ファイアウォールの機能を
提供している機能です。

この RRAS を利用して仮想 LAN 環境をシミュレートしてみましょう!

概要

 ゲスト OS を セットアップし、ホスト OS が提供する共有ネットワークに参加
させるだけで仮想LANが構築されますが、Virtual PC の共有ネットワークは DHCP が
設定されており IP アドレスを自由に設定することができません。

仮に各ゲスト OS を NIC 2枚構成でネットワークを構築しても下図左側のような構成
となり、あまり好ましいネットワークとは言えません。

そこでルーターとなるサーバー(ゲストOS)を1台用意し、各サーバーを NIC 1枚構成
で仮想 LAN を構成してみましょう。

この構成はかなり現実に近い構成となります。(下図右側)今回、仮想LAN は
192.168.64.0/24 で構築します。



クリックすると少しだけ拡大します。

準備

1. 初めに 2 枚の NIC に分かりやすい名前をつけます。名前を変更しておいた方が後々便利です。



2. [コントロール パネル] から [ネットワーク接続] を開きます。



3. ここではインターネットへの接続側を Extra、LAN 側を Intra と名前を付けます。

RRAS のセットアップ



1. [スタート]-[管理ツール]-[ルーティングとリモート アクセス] をクリックし、
ルーティングとリモート アクセスの管理ツールを起動します。

管理ツール内にあるサーバー名 (上図で言うと GTY01 (ローカル)) を右クリックし、
[ルーティングとリモート アクセスの構成と有効化] をクリックします。




2. [次へ] をクリックします。



3. [ネットワーク アドレス変換 (NAT)] を選択し、[次へ] をクリックします。



4. [インターネットへの接続にパブリック インターフェイスを使用する] で、
"Extra" を選択し、[次へ] をクリックします。




5. [完了] をクリックすれば、ルーター(NAT) の設定は完了です。

仮想LAN 上へのサーバーの配置

1. 仮想LAN 上に Active Directory 兼 DNS サーバーを配置してみましょう。

2. 仮想 LAN 上に配置する Active Directory 兼 DNS サーバーのゲートウェイ
アドレスをルーターの Intra 側の IP アドレスに変更します。

今回の例では 192.168.64.20 となります。


3. そのほかのサーバーを配置してみましょう。ゲートウェイ アドレスは 2 番と同じです。
また、DNS クライアントの設定は Active Directory 兼 DNS サーバーの IP アドレスを
指定します。

4. 仮想 LAN上に配置されているサーバーまたはクライアントからインターネットの
Web が見られるかテストしてみましょう!!

トラブルシューティング

1. ゲートウェイ アドレスに Ping テストを実施する。

   >NG:クライアントの IP アドレスとゲートウェイの IP アドレスが同一のサブネット上
にあるか確認する。
   >OK:次へ

2. インターネットの Web サイトの IP アドレスで Ping テストを実施する。
(IP アドレスはホスト OS 上で Web サイトに Ping を実行することで確認できます)

   >NG:ルーティング周りの問題。
   >OK:次へ

3. インターネットの Web サイト名で Ping テストを実施する。

   >NG:ホスト名の名前解決に問題あり。次へ
   >OK:Web ブラウザの設定に問題あり?

4. クライアントの TCP/IP で DNS クライアントの設定があるか確認する。

   >NG:DNS の IP アドレスを設定します。
   >OK:次へ

5. 内部DNS に Ping テストを実施する。

   >NG:内部DNS が起動しているか?IP アドレスは同一サブネット上にあるかを確認する。
   >OK:次へ

7. DNSサーバー上で、1-3 のテストを実施する。

8. DNSサーバーにルートヒントがあるか確認する。

それでも解決しないなら、すべてバーチャル マシンをシャットダウンし
("状態を保存する"で停止してはダメ)、Virtual PC も終了してから起動してみます。




Windowsサーバー管理入門

Virtual PC

エミュレータソフト:Virtual PC の使いこなし術、Windows Server 2003 のインストール、Active Directory のセットアップなどを画像付きでご紹介しています。
Virtual PC とは? | 競合比較 | ゲスト OS 作成 | Windows Server 2003 のインストール | Windows Server 2003 イメージコピーの作成方法 | Active Directory のインストール | LAN 環境のシミュレート

MCP70-290 対策

MCP試験 70-290 の情報ページです。
Windows Server 2003 の管理についての試験ですから、管理に関する情報は Windowsサーバー管理入門よりも細かく掲載しています。
ユーザー、コンピュータ、およびグループの管理 | 障害回復の管理と実装 | グループポリシー | その他

コラム

勉強法、ベンダー資格などをご紹介しています。
学ぶこと | ベンダー資格 | TechNet

おすすめ書籍たち

サーバー管理の書籍からビジネス書までご紹介しています。
運用管理 | MCP資格 | ビジネス・自己啓発

リンク集

今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 | 免責事項 | サイトマップ
Copyright (C) 2004-2007 今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 All Rights Reserved.
当サイトの内容を無断転載、複製、画像を直リンクで表示することを禁じます。


template by Net Mania