今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門

ブックマーク

サブメニュー


Windows Server TOP

ネットワーク管理の
基礎の基礎

LAN と WAN
LANカード(NIC)、LANケーブル、スイッチングハブ
通信プロトコル
TCP/IP:IPアドレス編
TCP/IP:サブネットマスク編
TCP/IP:直接通信と間接通信

ファイルサーバー基礎の基礎

共有フォルダとは?
共有フォルダのアクセス制御
NTFS とは?
NTFS アクセス権
アクセス権の評価
共有フォルダのアクセス権のトラブルシューティングを簡素化する方法
Windows Server 2003 の共有フォルダの既定に注意!
NTFS アクセス権の継承
NTFS アクセス権の継承を解除する方法
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!(クォータ)
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!パート2(スクリーニング、レポーティング)

Windows Server 入門

専門用語に四苦八苦するあなたへ
Windows Server って何?
エディション
Web Edition と Storage Server
ライセンス
パッケージとボリュームライセンス
プリント サーバー
ターミナル サーバー
Windows Sharepoint Services (WSS)とは?
Windows SharePoint Services (WSS) の文書管理機能
グループポリシーとは?
共有フォルダのボリューム シャドウコピー
共有フォルダのボリュームシャドウコピーとバックアップとの違い
IIS6.0
小規模向けWindowsサーバー
小規模向けWindowsサーバーのライセンス
ASP のグループウェアを検討しよう
これは使える Windows Server 2003 R2の新機能!

ユーザーの管理
コンピュータの管理

ワークグループから Active Directory
OU (組織単位) とは?
ファイルサーバー
Windows Server 2003 の Active Directory
ユーザー アカウントの作成方法 (Active Directory の場合)
OU(組織単位) の作成方法
ユーザー アカウントの属性
ユーザー アカウントのブロパティを一括で変換
憂鬱なコンピュータの管理を自動化せよ

パフォーマンス管理

パフォーマンス チューニングの基礎
メモリのパフォーマンス チューニング

ネットワーク

名前解決
DNS の基本
スタブゾーン
DHCP
DHCPサーバーとDHCPクライントとの通信
DHCP リレーエージェント
DHCP の 80/20 ルール
DHCP サーバーの承認
DHCP オプション
NLB
プロキシ
ネットワークのトラブルシューティングの基礎

サーバー製品

MOM2005

セキュリティ

ウィルス対策

Windows サーバーのライセンス

実は、アイツも使ってる情報サイト
もしあなたが知らないなら、損しているかも!
キーマンズなら、いつでも情報を見つけることができる。
ITの基礎知識をつけるなら『キーマンズネット』

Windows サーバーのライセンス

このページでは Windows Server を利用する際に必要となるライセンスについてご紹介します。

このライセンスが結構くせ者で色々な種類のライセンスと色々なライセンス プログラムが存在します。

ソフトウェアのライセンスを正しく購入する仕事は管理者としては避けては通れないところです。
私が知る限りの情報をご紹介しますね。(笑)

サーバー ライセンスとクライアント アクセス ライセンス

まずは Windows Server を使用するのに必要なライセンスの種類についてのご紹介です。

ここでは Windows Server 2003 でご紹介しています。
Windows 2000 Server と一部違いますので、ご注意ください。

Windows Server を利用するには、サーバー ライセンスとクライアント アクセス ライセンス (CAL) が必要です。
意外に CAL を購入することがおろそかになることが多いですね。

買い忘れというより、CAL が必要であることを知らなかったという
ケースがほとんどです。

みなさん、注意してくださいね!
いつ監査が入るか分かりませんよ。(汗)

サーバー ライセンスはサーバーの台数分、購入すれば OK です。

CAL はデバイスの数またはユーザーの人数分のライセンスが必要となります。
デバイスとユーザーのどちらを選択するかは、

どちらか数の少ないほうを選択すれば良いでしょう!

〜ポイント〜
デバイス CAL とユーザー CAL は混在させて購入・使用できますが、管理を考えると、どちらかに統一することをおすすめします。
ハッキリ言って混在させると管理しきれません。(きっぱり)


テクニック
CAL の数を減らす方法(その1)

サーバーの台数が少ない場合、1 台のサーバーに同時にアクセスできる数を制限することで、CAL の数を減らすことも可能です。

たとえば、サーバー 1 台を 30 人で共有する場合、同時アクセスを 10 に制限することにより、10 CAL で運用することが可能となります。

ただ、この方法ではサーバーの数が増えるにつれ、返って高くつくようになりますので、数が増えてきたら同時アクセスの制限を解除しデバイス数またはユーザー数で管理するようにしましょう。

CAL の数を減らす方法(その2)
ファイル サーバーや Web サーバーだけが必要な場合は、Windows Storage Server 2003 や Windows Server 2003 Web Edition を利用することで、CAL が不要となります。

ただし、ほかに Windows Server 2003 を利用している場合ではあまり意味がありません。

なぜって?

それは CAL はデバイスやユーザーに付与されるライセンスのため、1 台でも Windows Server 2003 を利用していれば CAL が必要となるのです。

しかーし、以下のようなケースでは有効ですので、覚えておいて損はないはずです。

1. ほかに Windows Server がないケース (当たり前ですね)
2. Windows 2000 Server 以前の CAL しか保有していないケース

2 番のケースは非常に多いはず。
CAL にもバージョンがあり、同じバージョン以下のサーバーにアクセスする権利が与えられます。

Windows 2000 の CAL の場合、Windows Server 2003 にアクセスできないため、すべて買い直しになり非常にコストが高くなるのです。
部門でちょっとサーバーの入れ替えってことが難しくなるのです。

でも、ファイル サーバーや Web サーバーだけであれば、CAL が不要な製品
があるので、そちらを利用してみてはいかがでしょうか?

新しい製品は機能が充実しているので、どうせ買うなら最新のものをおすすめします。

Windows Server 2003 の IIS 6.0 は IIS サービスの死活監視機能が追加されており、しかもサービスの自動再起動も行ってくれるので非常に便利です。

また、ボリュームシャドウコピーはバックアップ時間の短縮やユーザーによるフォルダやファイルの復元も可能となっており管理コストが削減できるのです。



Windowsサーバー管理入門

Virtual PC

エミュレータソフト:Virtual PC の使いこなし術、Windows Server 2003 のインストール、Active Directory のセットアップなどを画像付きでご紹介しています。
Virtual PC とは? | 競合比較 | ゲスト OS 作成 | Windows Server 2003 のインストール | Windows Server 2003 イメージコピーの作成方法 | Active Directory のインストール | LAN 環境のシミュレート

MCP70-290 対策

MCP試験 70-290 の情報ページです。
Windows Server 2003 の管理についての試験ですから、管理に関する情報は Windowsサーバー管理入門よりも細かく掲載しています。
ユーザー、コンピュータ、およびグループの管理 | 障害回復の管理と実装 | グループポリシー | その他

コラム

勉強法、ベンダー資格などをご紹介しています。
学ぶこと | ベンダー資格 | TechNet

おすすめ書籍たち

サーバー管理の書籍からビジネス書までご紹介しています。
運用管理 | MCP資格 | ビジネス・自己啓発

リンク集

.
今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 | 免責事項更新情報 | コンセプト | サイトマップ
Copyright (C) 2004-2011 今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 All Rights Reserved.
当サイトの内容を無断転載、複製、画像を直リンクで表示することを禁じます。
.
template by Net Mania