今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門

ブックマーク

サブメニュー


Windows Server TOP

ネットワーク管理の
基礎の基礎

LAN と WAN
LANカード(NIC)、LANケーブル、スイッチングハブ
通信プロトコル
TCP/IP:IPアドレス編
TCP/IP:サブネットマスク編
TCP/IP:直接通信と間接通信

ファイルサーバー基礎の基礎

共有フォルダとは?
共有フォルダのアクセス制御
NTFS とは?
NTFS アクセス権
アクセス権の評価
共有フォルダのアクセス権のトラブルシューティングを簡素化する方法
Windows Server 2003 の共有フォルダの既定に注意!
NTFS アクセス権の継承
NTFS アクセス権の継承を解除する方法
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!(クォータ)
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!パート2(スクリーニング、レポーティング)

Windows Server 入門

専門用語に四苦八苦するあなたへ
Windows Server って何?
エディション
Web Edition と Storage Server
ライセンス
パッケージとボリュームライセンス
プリント サーバー
ターミナル サーバー
Windows Sharepoint Services (WSS)とは?
Windows SharePoint Services (WSS) の文書管理機能
グループポリシーとは?
共有フォルダのボリューム シャドウコピー
共有フォルダのボリュームシャドウコピーとバックアップとの違い
IIS6.0
小規模向けWindowsサーバー
小規模向けWindowsサーバーのライセンス
ASP のグループウェアを検討しよう
これは使える Windows Server 2003 R2の新機能!

ユーザーの管理
コンピュータの管理

ワークグループから Active Directory
OU (組織単位) とは?
ファイルサーバー
Windows Server 2003 の Active Directory
ユーザー アカウントの作成方法 (Active Directory の場合)
OU(組織単位) の作成方法
ユーザー アカウントの属性
ユーザー アカウントのブロパティを一括で変換
憂鬱なコンピュータの管理を自動化せよ

パフォーマンス管理

パフォーマンス チューニングの基礎
メモリのパフォーマンス チューニング

ネットワーク

名前解決
DNS の基本
スタブゾーン
DHCP
DHCPサーバーとDHCPクライントとの通信
DHCP リレーエージェント
DHCP の 80/20 ルール
DHCP サーバーの承認
DHCP オプション
NLB
プロキシ
ネットワークのトラブルシューティングの基礎

サーバー製品

MOM2005

セキュリティ

ウィルス対策

グループウェア (ASP編)

実は、アイツも使ってる情報サイト
もしあなたが知らないなら、損しているかも!
キーマンズなら、いつでも情報を見つけることができる。
ITの基礎知識をつけるなら『キーマンズネット』

■グループウェアを導入するなら ASP も検討しよう!

情報インフラを検討するなら、インターネット上の ASP (アプリケーション
サービス プロバイダ) も検討してみてはいかがでしょうか?

ASP で提供しているグループウェアも充実しており、メール、予定表、
連絡先などの情報を共有できる基本機能は各社とも提供されています。

何より月額数百円からと非常に魅力的な価格で提供されています。

小さな企業、SOHO などはもとより、中大企業でも部門レベル、チームレベル
でなら検討しても良いのではないでしょうか?

また、地理的・インフラ環境の問題で情報共有が難しいような場合も、
ASP が解決策になることもあります。

たとえば、チームメンバが外にいることが多く、VPN などが利用できない
環境でASP を利用すると威力を発揮するでしょう。

■社内インフラ構築 v.s. ASP

社内インフラを構築した場合と ASP を利用した場合ではどちらがコストが
抑えられるのでしょうか?

答えは簡単!
ASP に軍配があがるでしょう。

社内インフラの場合は初期費用だけでなく、運用管理を行う
管理者を立てる必要であったりと結構お金が掛かるものです。

ASP を利用すると当然ながら毎月の支払いが発生しますが、
運用管理も ASP が行ってくれますので圧倒的に有利です。

それにトラブルが発生した場合も、ASP 側で対応してくれますので
楽チンです。

自前の場合は、こうは行きません。

自社で対応またはベンダーに依頼する必要があり、
余計なタスクや追加費用が発生するものです。

社内インフラは自由度が高い反面、コストが掛かるということですね。

ASP であれば、保守管理は ASP 側で行っていますので、そのような
コストは発生しません。


■検討すべきはセキュリティ

ASP を利用するに当たって、もっとも注意すべき点はセキュリティでしょう。

中でも、まずはじめに検討すべきなのは、データの格納先が ASP 側の
サーバーであることが許容できるかどうかということです。

大抵の ASP ではデータの保守管理は徹底すると明言していますが、
社外にデータを保管するわけですから情報漏洩のリスクはゼロではありません。

社内のポリシーとして社内情報を社外のサーバーに置くことが許容できないの
なら、ASP は検討の対象から外れてしまいます。

そうなると社内でインフラを構築することになりますね。
サイボウズの Office6 やマイクロソフトの SBS2003 などの導入を検討する
必要があるでしょう。

また、社内の重要な情報がインターネットを経由するわけですから、
最低限、SSL に対応している ASP を検討すべきです。

暗号化されていない状態では、どこかでデータが読み取られる
危険が潜んでいます。

最後にデータのバックアップと復元をサポートしているかどうかも
検討すべきでしょう。
会社の大切なデータをロストした場合の損失は、少なくありません。

個人レベルならともかく、会社で利用するならバックアップは
必須と考えるべきですね。

図解スグ解る!「グループウェア」はこちら





Windowsサーバー管理入門

Virtual PC

エミュレータソフト:Virtual PC の使いこなし術、Windows Server 2003 のインストール、Active Directory のセットアップなどを画像付きでご紹介しています。
Virtual PC とは? | 競合比較 | ゲスト OS 作成 | Windows Server 2003 のインストール | Windows Server 2003 イメージコピーの作成方法 | Active Directory のインストール | LAN 環境のシミュレート

MCP70-290 対策

MCP試験 70-290 の情報ページです。
Windows Server 2003 の管理についての試験ですから、管理に関する情報は Windowsサーバー管理入門よりも細かく掲載しています。
ユーザー、コンピュータ、およびグループの管理 | 障害回復の管理と実装 | グループポリシー | その他

コラム

勉強法、ベンダー資格などをご紹介しています。
学ぶこと | ベンダー資格 | TechNet

おすすめ書籍たち

サーバー管理の書籍からビジネス書までご紹介しています。
運用管理 | MCP資格 | ビジネス・自己啓発

リンク集

.
今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 | 免責事項更新情報 | コンセプト | サイトマップ
Copyright (C) 2004-2011 今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 All Rights Reserved.
当サイトの内容を無断転載、複製、画像を直リンクで表示することを禁じます。
.
template by Net Mania