今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門

ブックマーク

サブメニュー


Windows Server TOP

ネットワーク管理の
基礎の基礎

LAN と WAN
LANカード(NIC)、LANケーブル、スイッチングハブ
通信プロトコル
TCP/IP:IPアドレス編
TCP/IP:サブネットマスク編
TCP/IP:直接通信と間接通信

ファイルサーバー基礎の基礎

共有フォルダとは?
共有フォルダのアクセス制御
NTFS とは?
NTFS アクセス権
アクセス権の評価
共有フォルダのアクセス権のトラブルシューティングを簡素化する方法
Windows Server 2003 の共有フォルダの既定に注意!
NTFS アクセス権の継承
NTFS アクセス権の継承を解除する方法
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!(クォータ)
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!パート2(スクリーニング、レポーティング)

Windows Server 入門

専門用語に四苦八苦するあなたへ
Windows Server って何?
エディション
Web Edition と Storage Server
ライセンス
パッケージとボリュームライセンス
プリント サーバー
ターミナル サーバー
Windows Sharepoint Services (WSS)とは?
Windows SharePoint Services (WSS) の文書管理機能
グループポリシーとは?
共有フォルダのボリューム シャドウコピー
共有フォルダのボリュームシャドウコピーとバックアップとの違い
IIS6.0
小規模向けWindowsサーバー
小規模向けWindowsサーバーのライセンス
ASP のグループウェアを検討しよう
これは使える Windows Server 2003 R2の新機能!

ユーザーの管理
コンピュータの管理

ワークグループから Active Directory
OU (組織単位) とは?
ファイルサーバー
Windows Server 2003 の Active Directory
ユーザー アカウントの作成方法 (Active Directory の場合)
OU(組織単位) の作成方法
ユーザー アカウントの属性
ユーザー アカウントのブロパティを一括で変換
憂鬱なコンピュータの管理を自動化せよ

パフォーマンス管理

パフォーマンス チューニングの基礎
メモリのパフォーマンス チューニング

ネットワーク

名前解決
DNS の基本
スタブゾーン
DHCP
DHCPサーバーとDHCPクライントとの通信
DHCP リレーエージェント
DHCP の 80/20 ルール
DHCP サーバーの承認
DHCP オプション
NLB
プロキシ
ネットワークのトラブルシューティングの基礎

サーバー製品

MOM2005

セキュリティ

ウィルス対策

共有フォルダのシャドウコピーとバックアップの違い

どこも同じだと思っていませんか?
実はエンジニア案件に強い転職サイトがあるんです。
さらにコンシェルジュがあなたをバックアップ。
エンジニアの求人に強い転職エージェントとは?

共有フォルダのシャドウコピーとバックアップの違い

共有フォルダのシャドウコピーは、削除データの復元を簡素化します。
つまり、データを保存しているということですね。

では、バックアップとは何が違うのか?

バックアップは対象データのすべてのデータを保存しているので、
ハードディスクなどの故障によりデータが消失しても復元が可能です。

しかし、共有フォルダのシャドウコピーでは、上記のケースに対応できません。
あくまで、ファイルを削除してしまったり、上書きしてしまった場合にだけ
利用できます。

それは、なぜか?

共有フォルダのシャドウコピーでは更新されたファイル全体をコピーする
のではなく、更新されたファイルをブロックレベルでコピーしているからです。

つまり、コピーされたデータは完全なファイルデータではないため、
元のファイルがないと復元ができないのです。

ちなみにシャドウコピー領域(保存先)は、同一のボリュームにも作成できます
し、別のボリュームに作成することもできます。

同一ボリュームならデバイスが故障すれば、データが復元できないのは当たり前
ですが、別ボリュームであったとしても上記の理由により、データの復元はでき
ないのです。

だからバックアップとの併用は必須なのですよ。



ここでは共有フォルダの弱点のようなお話をしましたが、
そもそも共有フォルダのシャドウコピーはバックアップの代替ではないという
ことをお伝えしたかったのです。

その点、お間違えなきように。

■シャドウコピークライアントと、その使い方

シャドウコピーの復元を実行するにはクライアントをインストールしておく
必要があります。

サポートされる OS は Windows XP、Windows 2000 だけです。

Windows 98 もサポートされるという話でしたが、なくなったようです。

クライアントソフトは、XP 用は Windows Server 2003 の下記フォルダに
保管されています。

(ブートボリューム):\WINDOWS\system32\clients\twclinet

Windows 2000 用は Web からダウンロードする必要があります。

クライアントソフトをインストールすれば、共有フォルダのシャドウコピーが
利用可能となります。

使い方は簡単!

共有フォルダのプロパティに [以前のバージョン] というタブが追加されて
いるはずです。

そのタブの中にコピーされた過去のバージョンが保存されていますので、
必要なものをドラッグ&ドロップして復元すれば良いのです。



Windowsサーバー管理入門

Virtual PC

エミュレータソフト:Virtual PC の使いこなし術、Windows Server 2003 のインストール、Active Directory のセットアップなどを画像付きでご紹介しています。
Virtual PC とは? | 競合比較 | ゲスト OS 作成 | Windows Server 2003 のインストール | Windows Server 2003 イメージコピーの作成方法 | Active Directory のインストール | LAN 環境のシミュレート

MCP70-290 対策

MCP試験 70-290 の情報ページです。
Windows Server 2003 の管理についての試験ですから、管理に関する情報は Windowsサーバー管理入門よりも細かく掲載しています。
ユーザー、コンピュータ、およびグループの管理 | 障害回復の管理と実装 | グループポリシー | その他

コラム

勉強法、ベンダー資格などをご紹介しています。
学ぶこと | ベンダー資格 | TechNet

おすすめ書籍たち

サーバー管理の書籍からビジネス書までご紹介しています。
運用管理 | MCP資格 | ビジネス・自己啓発

リンク集

.
今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 | 免責事項更新情報 | コンセプト | サイトマップ
Copyright (C) 2004-2011 今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 All Rights Reserved.
当サイトの内容を無断転載、複製、画像を直リンクで表示することを禁じます。
.
template by Net Mania