今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門

ブックマーク

サブメニュー


Windows Server TOP

ネットワーク管理の
基礎の基礎

LAN と WAN
LANカード(NIC)、LANケーブル、スイッチングハブ
通信プロトコル
TCP/IP:IPアドレス編
TCP/IP:サブネットマスク編
TCP/IP:直接通信と間接通信

ファイルサーバー基礎の基礎

共有フォルダとは?
共有フォルダのアクセス制御
NTFS とは?
NTFS アクセス権
アクセス権の評価
共有フォルダのアクセス権のトラブルシューティングを簡素化する方法
Windows Server 2003 の共有フォルダの既定に注意!
NTFS アクセス権の継承
NTFS アクセス権の継承を解除する方法
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!(クォータ)
これは使える Windows Server 2003 R2のファイルサーバーとしての新機能!パート2(スクリーニング、レポーティング)

Windows Server 入門

専門用語に四苦八苦するあなたへ
Windows Server って何?
エディション
Web Edition と Storage Server
ライセンス
パッケージとボリュームライセンス
プリント サーバー
ターミナル サーバー
Windows Sharepoint Services (WSS)とは?
Windows SharePoint Services (WSS) の文書管理機能
グループポリシーとは?
共有フォルダのボリューム シャドウコピー
共有フォルダのボリュームシャドウコピーとバックアップとの違い
IIS6.0
小規模向けWindowsサーバー
小規模向けWindowsサーバーのライセンス
ASP のグループウェアを検討しよう
これは使える Windows Server 2003 R2の新機能!

ユーザーの管理
コンピュータの管理

ワークグループから Active Directory
OU (組織単位) とは?
ファイルサーバー
Windows Server 2003 の Active Directory
ユーザー アカウントの作成方法 (Active Directory の場合)
OU(組織単位) の作成方法
ユーザー アカウントの属性
ユーザー アカウントのブロパティを一括で変換
憂鬱なコンピュータの管理を自動化せよ

パフォーマンス管理

パフォーマンス チューニングの基礎
メモリのパフォーマンス チューニング

ネットワーク

名前解決
DNS の基本
スタブゾーン
DHCP
DHCPサーバーとDHCPクライントとの通信
DHCP リレーエージェント
DHCP の 80/20 ルール
DHCP サーバーの承認
DHCP オプション
NLB
プロキシ
ネットワークのトラブルシューティングの基礎

サーバー製品

MOM2005

セキュリティ

ウィルス対策

『プリントサーバーって何が便利なの?』

実は、アイツも使ってる情報サイト
もしあなたが知らないなら、損しているかも!
キーマンズなら、いつでも情報を見つけることができる。
ITの基礎知識をつけるなら『キーマンズネット』

はじめに

このページでは Windows Server の機能の一つであるプリントサーバーについてどんなメリットがあるのか?どんな使い方ができるのか?についてお話しようと思います。

では、さっそくはじめましょうか!

プリントサーバー導入のメリットとは?

みなさんもプリンタを利用したことがあるかと思います。
個人利用であれば、自分の PC にパソコンを接続して利用しますよね。

でも会社で一人一台のプリンタを用意することはありません。

なぜって?

それはプリンタは常時使用することはないので、一台を数人で
共有したほうがコストや管理面で効率的だからです。

だからといって、誰かが使用している PC にプリンタを接続して
利用する方法はスマートではありません。

なぜって?

たとえば加藤さんの PC にプリンタが接続され共有されているとします。
このプリンタを鈴木さんが利用するとどうなるでしょうか?

・・・

それは加藤さんの PC は加藤さんが使用しているので、印刷サービスで
利用できるコンピュータのリソースは少なくなります。

つまり、鈴木さんはスピーディに印刷を実行できないのです。

また、加藤さんも自分のコンピュータのリソースを鈴木さんの印刷
に利用されてしまうため、コンピュータの動作が遅くなったように感じるのです。

結局、お互いにデメリットしかないのです。

唯一のメリットと思えるのは、低コストということですが、
実は低コストではありません。

それは、もっともコストの高い人の時間を浪費しているからです。
このような運用では会社としてはコストが高くつくことになるのです。

では、どのような方法があるかというと

  • ネットワークプリンタを導入する
  • プリントサーバーを導入する

という上記二つの方法が挙げられます。

ネットワーク プリンタとは LAN に直接接続して使用するプリンタのことです。
一般的なプリンタはコンピュータに接続して使用しますよね?

ネットワークプリンタは仲介するコンピュータがなくても良いのです。
コンピュータの台数が少ないなら、この方法がスマートです。

二つ目の方法はプリントサーバーを導入することです。
プリントサーバーは Windows Server にプリンタドライバをインストールし、
共有設定を行えば出来上がりです。
ウィザードで設定してしまえば、共有設定まで一連の流れで行えるので
難しいことはありません。

プリントサーバーを建てる場合、プリンタはローカルプリンタでも
ネットワークプリンタのどちらでも使用可能です。

ここで一つ疑問が出てきませんか?

『ネットワークプリンタをなぜ、プリントサーバーで制御するのか?』

そうです。

ネットワークプリンタは単独でもネットワーク経由で共有できるので、
わざわざプリント サーバーを利用する必要はないのではないか?

もちろん、ネットワークプリンタは単独でも利用できますが、
プリントサーバーを利用するほうが、実はとても便利なのです。


なぜかと言いますと、プリントサーバーには色々な Windows バージョン用の
ドライバを事前にインストールしておくことができます。

こうしておくと、クライアントに手動でドライバをインストールする必要が
なくなるのです。

これはかなり便利な機能です。

具体的に説明しますと、たとえばプリンタドライバがインストール
されていないクライアントがあるとします。

このクライアントがプリントサーバーにアクセスして、このプリンタを利用しよう
とするとそのクライアントの Windows バージョン用のドライバが自動的に
インストールされるのです!

通常、プリンタを利用するにはドライバが必要ですよね?

100台の PC があり、色々なバージョンの OS を利用している環境でドライバを
手動でインストールすることを考えれば、いかに便利であることが分かるかと思います。

そのほかにも、アクセス権制御や、優先順位、プリンタプール(複数台の
プリンタを 1台のプリンタのように見せかける) など、高度な機能が利用できる
ようになるのでプリントサーバーを建てることをおすすめします。

まとめ

小規模LAN ではネットワークプリンタだけでも良いが、

ある程度コンピュータの台数が増えてきたら

プリントサーバーを導入することが吉!!


プリントサーバ

Windowsサーバー管理入門

Virtual PC

エミュレータソフト:Virtual PC の使いこなし術、Windows Server 2003 のインストール、Active Directory のセットアップなどを画像付きでご紹介しています。
Virtual PC とは? | 競合比較 | ゲスト OS 作成 | Windows Server 2003 のインストール | Windows Server 2003 イメージコピーの作成方法 | Active Directory のインストール | LAN 環境のシミュレート

MCP70-290 対策

MCP試験 70-290 の情報ページです。
Windows Server 2003 の管理についての試験ですから、管理に関する情報は Windowsサーバー管理入門よりも細かく掲載しています。
ユーザー、コンピュータ、およびグループの管理 | 障害回復の管理と実装 | グループポリシー | その他

コラム

勉強法、ベンダー資格などをご紹介しています。
学ぶこと | ベンダー資格 | TechNet

おすすめ書籍たち

サーバー管理の書籍からビジネス書までご紹介しています。
運用管理 | MCP資格 | ビジネス・自己啓発

リンク集

.
今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 | 免責事項更新情報 | コンセプト | サイトマップ
Copyright (C) 2004-2011 今日からはじめる Windows Server 2003 サーバー管理入門 All Rights Reserved.
当サイトの内容を無断転載、複製、画像を直リンクで表示することを禁じます。
.
template by Net Mania